ヘルケアVSきなり徹底比較|血圧対策に飲むならどっち?

ヘルケアを飲み続ける前に、血圧対策としてさくらの森の「きなり」を飲んでいたことがあります。

 

ヘルケアもですが、きなりも血圧対策サプリとして知名度が高いですよね。

 

私はヘルケアを3ヶ月間飲み続けて、明らかに血圧が穏やかになりました。

 

こちらの記事で詳しく口コミしています。

 

 

 

もちろん現在もヘルケアを継続して飲み続けています。

 

一方できなりは、モニター価格で購入できた2ヶ月を飲みきってもほとんど血圧に変化がなかったので、継続しませんでした。

 

効果が実感できるかどうかには、もちろん個人差があります。

 

ただどちらを飲むにしても特徴や違いをしっかり知ってから選びたいですよね。

 

そこで成分や価格など、ヘルケアときなりを徹底的に比較してみました。

 

ヘルケアVSきなり 徹底比較

ヘルケアときなりの比較表を作成したのでご覧ください。

 

ヘルケア きなり

ヘルケア きなり

ヘルケア きなり

販売企業 エーザイ株式会社 さくらフォレスト株式会社
主成分 サーデンペプチド DHA・EPA、ナットウキナーゼ
価格 初回2,878円
2回目以降5,181円
初回1,980円
2回目以降5,181円
分類 特定保険用食品(トクホ) 健康食品

 

ヘルケアVSきなり 販売企業の比較

ヘルケア きなり

 

ヘルケアの販売会社は有名製薬会社のエーザイ。

 

きなりの販売会社は、通販事業を中心に急成長を遂げるベンチャー企業さくらフォレストです。

 

口に入れるものなので、信頼できる企業が販売しているとあれば安心ですね。

 

有名製薬会社エーザイの特定保健用食品であれば、安心して飲み続けることができます。

 

ヘルケアの販売企業

ヘルケアの販売企業は創業70年以上の老舗製薬会社のエーザイです。

 

誰もが一度は耳にしたことがあるくらいの有名企業ですよね。

 

本社所在地 〒112-8088 東京都文京区小石川4-6-10
設立 1941年
資本金 449億8,600万円
売上 2,837億円
従業員 3,172人

 

きなりの販売企業

きなりの販売企業は、2014年4月に事業開始したさくらフォレスト株式会社です。

 

健康食品から化粧品まで通販事業で急成長中の会社ですね。

 

さくらフォレストの商品は目にすることが多くなっています。

 

本社所在地 〒810-0022 福岡市中央区薬院1-14-5MG薬院ビル3階
設立 2014年
資本金 1,000万円
売上 61億円
従業員 200名

 

ヘルケアVSきなり 主成分の比較

ヘルケアときなりでは血圧を穏やかにするための働きかけが異なります。

 

ヘルケアは主成分であるサーペンペプチドに、血圧を穏やかにする効果があります。

 

一方できなりは、主成分のDHA・EPA(オメガ3脂肪酸)の効果で、血管や血流の改善を目指し、徐々に血圧を穏やかにしていくという仕組みです。

 

ヘルケアの主成分

ヘルケア きなり

 

ヘルケアの主成分はサーデンペプチドです。

 

このサーデンペプチドですが、九州大学の研究で、「高めの血圧を穏やかにする傾向」が実証された成分となります。

 

サーデンペプチドは「いわし」に含まれている成分です。

 

いわしなどの青魚が高血圧予防にいいと言われているのを聞いたことがありますよね。

 

それはこのサーデンペプチドが含まれているからです。

 

ヘルケア1日分の4粒でいわし3匹分のサーデンペプチドを摂取することができます。

 

その他ヘルケアの詳しい成分に関しては、公式サイトをご確認ください。

 

>>ヘルケアの公式サイトで成分を確認する

 

きなりの主成分

ヘルケア きなり

 

きなりの主成分はDHA・EPA(オメガ3脂肪酸)です。

 

DHA・EPAには中性脂肪やコレステロールを下げる作用があると言われています。

 

きなり1日分の4粒に含まれているDHA・EPAは500mg。

 

厚生労働省は「日本人の食事摂取基準」の中で1日あたり、DHA・EPAを1,000mg摂取することを推奨しています。

 

出典:厚生労働省 脂質 PDFの12/32参照

 

ですが、日本人はどの世代でもDHA・EPAの摂取量が大幅に足りていません。

 

食生活の欧米化によるものですね。

 

きなりを飲むことによって、1日の摂取目安量の半分である500mgのDHA・EPAを摂取することができます。

 

また、血流を良くしてくれるナットウキナーゼが含まれていることも見逃せません。

 

その他きなりの詳しい成分に関しては、公式サイトをご確認ください。

 

>>きなりの公式サイトで成分を確認する

 

ヘルケアVSきなり 価格の比較

ヘルケア きなり

 

1ヶ月分で比べると、ヘルケアに比べてきなりのほうが価格が安いです。

 

どちらも定期コースの価格となりますが、初回のみの購入でも解約可能となります。

 

ヘルケアの価格

30日分の税込価格です。

 

初回 2,878円
※1日あたり95.9円
2回目以降 5,181円
※1日あたり172.7円

 

きなりの価格

30日分の税込価格です。

 

初回 1,980円
※1日あたり66円
2回目以降 4,093円
※1日あたり136.4円

 

ヘルケアVSきなり 分類の比較

ヘルケアは消費者庁によって、4週間で血圧が穏やかになる傾向が確認されているトクホです。

 

国のお墨付き商品ということで、とても信頼できます。

 

ヘルケアの分類

ヘルケアは機能性が国によって認められた特定保健用食品です。

 

特定保健用食品はトクホとも言われています。

 

特定保健用食品(トクホ)とは、有効性、安全性などの科学的根拠を示して、国の審査のもとに消費者庁の許可を受けた食品のことを指します。

出典:消費者庁 特定保健用食品 PDFの1/5参照

 

ヘルケアは臨床試験を実施し、4週間で血圧が穏やかになる傾向が確認されています。

 

きなりの分類

きなりは特定保健用食品ではありません。

 

ですので商品自体の信頼度という面では、残念ながらヘルケアに劣ります。

 

ヘルケアVSきなり 血圧対策に飲むならどっち?

ヘルケア きなり

 

  • 販売企業
  • 有効成分
  • 価格
  • 分類

 

以上4点からヘルケアときなりを比較してみました。

 

たしかに販売企業や価格も重要ですが、一番重要なのは実際に血圧を穏やかにする効果があるかということですよね?

 

血圧を穏やかにする効果を重視するのであれば、ヘルケア一択です。

 

消費者庁に機能性が認められた特保ですからね。

 

ただし、主成分の違いによる血圧へのアプローチが、ヘルケアときなりでは大きく異なることは見逃せません。

 

ヘルケアを飲んでも血圧に変化がなかった方が、きなりを飲んだら血圧が穏やかになったということもあるでしょう。

 

ヘルケアときなりは、どちらもユーザーの評価や満足度が高い商品です。

 

主成分を比較したうえで、どちらが自分に合っているのかを判断しましょう。

 

私の場合は、きなりを2ヶ月間飲んでも血圧に変化がなかったので、ヘルケアを飲むことにしました。

 

ヘルケアを3ヶ月間飲み続けたリアルな口コミはこちらです。